本文へ移動
寄付・募金

当社協への寄付について

近年、貧困・虐待・引きこもり・高齢化・介護問題・孤独死など、様々な社会問題を地域が抱えています。
社会福祉協議会はそういった社会問題に真摯に向き合い、問題の解決に向けて様々な事業で取り組んでおります。
そこで社会福祉協議会への寄附という形で、地域貢献への思いを託してみませんか?
そのご支援が、地域住民の"生きるちから"と"明るい未来"につながります。
寄附の受付は社会福祉協議会窓口(福祉センター)で受け付けております。
 
■香典返し、見舞い返し寄付金について■
 社会福祉協議会に町民の皆様から香典返しとして寄付金が寄せられはじめたのは、昭和四十二年頃からでした。
 その当時、不幸を受けた家庭は、葬儀の際に戴いた香典帳をもとに、お一人おひとり全ての方に、お礼のお返しをするのには、物心ともに大きな負担がありました。
 
 香典返し寄付金活動には基本的な考え方があります。
 弔問客に対し「生涯お世話になりました」と故人の生前のお礼を述べますが、この言葉の精神が香典返し寄付金には貫かれています。
 言いかえれば、故人が一生涯を終えるには、香典を戴いた人、戴かなかった人等関係なく、多くの人々の有形無形の支えとお世話になって生涯を終えられたという考え方です。
 これらの考え方を基に、当家の物心両面の心労の軽減と、広く社会の方たちへ、故人に代わって感謝の気持を社会福祉協議会へ寄付としてあらわす方法として始められてきました。
 社会福祉協議会に寄せられる寄付金は、寄付者の考えで、一般福祉事業もしくは、指定した事業所(みろく苑やとびのこ苑など)への寄付として戴いていおります。
 一般福祉事業への寄付金は、ひとり暮らしの高齢者や高齢者夫婦世帯、障がい者等の地域福祉事業に使っています。
 
■当社協の会費について■
当社協の会費についてはこちら

共同募金

毎年10月1日から全国一斉に展開される赤い羽根共同募金運動を実施しています。
この運動は都道府県ごとの民間福祉施設・団体・NPO法人やボランティア団体が行う福祉事業の財源となっています。
■■募金百貨店プロジェクト■■
寄付つき商品・企画を一同に集約し、赤い羽根共同募金が募金の百貨店になろうというプロジェクトです。
商品を購入したりサービスを利用するお客さま自身の負担はなく、
企業にとっては販売促進と社会貢献に繋がり、
それが地域福祉の課題解決や被災地支援のための財源になるという
3社のWin×Win×Winの関係の構築を目指します。
 
吉賀町内プロジェクト参加企業(外部リンク)
 
 
■■令和元年度の「赤い羽根共同募金・歳末たすけあい募金」にご協力頂いた皆様■■
 社協だより(令和2年2月発行 第170号)に掲載しております。
 詳細はこちらをご参照ください。
 
 
 
■■令和元年度の助成団体・募金百貨店プロジェクトについて■■
 社協だより(令和元年9月発行 第165号より抜粋)

チャリティーイベント

■■チャリティー余芸大会■■
 この大会は日頃みなさんが練習しておられる演芸の成果を発表していただく場を提供するとともに、併せて大会の収益を共同募金の一助にと計画したものです。
 
昨年度は、令和元年12月15日(日)に行いました。
 
■■吉賀町グラウンドゴルフ大会■■
 大会の参加費の一部が赤い羽根共同募金に寄附されるようになっています。
 お問い合わせフォーム(総合相談)はこちら
TEL. 0856-77-0136
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る