本文へ移動

その他日常生活のサポート

判断能力が十分でない方へのサポート

  • いろんな書類がくるのだけれど、どうしていいか分からない
  • 大事なものをどこにしまったか忘れてしまった
  • 家族や親戚が認知症でひとりで暮らせなくなった
 
そんなことありませんか?
 
そんなとき、「日常生活自立支援事業」「成年後見制度」
この2つのサービスがお役に立ちます。
 
同じく判断能力が十分でない人へのサービスと言っても、「日常生活自立支援事業」と「成年後見制度」では
それぞれできること・できないことがあります。
下の図はそのイメージです。
また、元気なうちに自分で後見人を選んでおくこともできます(任意後見)

就学や療養等の資金面でのサポート

民生融金

  • 低所得世帯を対象に上限5万円の貸付を行う事業です。
  • 貸付に当たっては、連帯保証人が必要となります。(ただし、1万円以下の貸付の場合、連帯保証人は不要です。)
  • 利子は無利子です。
  • 申込先は吉賀町社会福祉協議会となります。

生活福祉資金

  • 低所得世帯や障がい者世帯、高年齢者世帯等の経済的自立や生活意欲促進などを図るため、低利または無利子で資金を貸し付ける制度です。
  • 貸付の実施主体は、都道府県社会福祉協議会(島根県社会福祉協議会)、県内の市町村社会福祉協議会(吉賀町社会福祉協議会)が窓口となります。
TOPへ戻る